■ほっと!ぐらふ■

[ほっと!ぐらふ=Hotgraph]とは、[写真;Photograph(フォトグラフ)]をもじった造語。カメラテクニックはさておき、心が「ほっ!」となごむ風景やスポットなどを写真とともにご紹介します。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
松山・道後温泉の旅[温泉編]
松山城で日本情緒を味わい癒された後、本日のお宿に向かいます。「道後温泉駅」から約5分歩いたところにある「ホテル八千代」。久々に本格的な大きな宿に泊まるとあってキョロキョロ見回してしまいます。部屋でお茶を入れてもらえ、さらには夜ご飯も部屋食。なんだかそれだけで贅沢気分に・・・。丁度この日は高校生の団体さんが宿泊していたようなので、混んでいる温泉だけは避けたいと、ご飯の時間を狙って大浴場へ。まずはひとっ風呂浴びてから夜ご飯をいただくことに。
050618-19050618-21050618-20

ビールとともに海の幸を愉しんだ後は、「湯かご」を持って「道後温泉本館」へ。これが今回のメインのお風呂・・・建物の前には浴衣姿に湯かごを持った人たちでごったがえしていました。そう、めちゃめちゃ混んでいたのです。。この「道後温泉本館」はあの「千と千尋の神隠し」のモデルとなった温泉と言われ、よくよく見ると建物は確かにそんな感じでした。
050618-22050618-23050618-24

お風呂は3種類ありそれぞれ値段も違うようなのですが、今回は「神の湯階下」(300円)に入ることに。建物の外と同様お風呂の中も人でごったがえしていて、ゆっくり浸かっていられる雰囲気ではなかったので(しかもお湯も熱い!)、お湯にさっと浸かり温まって出てきました。

体をぽかぽかさせながら温泉街をゆっくりのんびり歩きます。愛媛といえばみかん、みかんの生ジュースを飲んでみたり、お土産を買ったりとすっかり温泉地を満喫。そして宿に帰って部屋にマッサージを呼んで40分間マッサージで体をほぐしました。すべての贅沢をしきった気になって24時前に寝てしまいました。(2日目「情緒の街・内子編」に続く)
| 七井 李紗(なない りさ) | ほっと!あるばむ | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 23:59 | - | - |









http://hot771.jugem.jp/trackback/338
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ ARCHIVES
+ CATEGORIES
+ PROFILE
+ LINKS