■ほっと!ぐらふ■

[ほっと!ぐらふ=Hotgraph]とは、[写真;Photograph(フォトグラフ)]をもじった造語。カメラテクニックはさておき、心が「ほっ!」となごむ風景やスポットなどを写真とともにご紹介します。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
賛否両論?「女王の教室」
今、久しぶりにドラマにはまっています。リアルタイムで見ることができないときは録画して見ているほど。
そのドラマとは、毎週土曜日の21時から日本テレビで放送されている「女王の教室」。久々にドラマらしいドラマであるということ、主演の天海祐希さんの演技のしびれるような巧さ。前クールでやっていた「離婚弁護士」のようなさばけた役も素敵ですが、今回の役どころは冷徹な鬼教師。最後まで本当に笑わないのかというところも見ものです。
20050725

-----------------------------------------------------------
見ていない人もいると思うので、カンタンにストーリーはこちら。
http://www.ntv.co.jp/jyoou/

-----------------------------------------------------------

全身黒づくめのいでたちの天海祐希さんが扮する教師・阿久津真矢の担任する6年3組のクラスでは、毎週のテストで下位2名には「代表委員」と称する雑用係(掃除や給食当番、日直などすべて)を、上位2名にはご褒美と称する様々な特権を与えられ、マヤに刃向かう子には成績の如何を問わず「代表委員」をさせられるなど、とことん自分のやり方に従うよう仕向けます。
ダンスが巧く踊れない子のためにクラス全員を居残りさせたり、クラスをグループ分けして連帯責任制を採用したりする、などなど、クラスの輪や友だち関係が乱れるようなことを平然と行うのです。このようなやり方で毎日を送っていくと、何かやられるのが怖い子どもたちは先生に従順になり、それに従わない子どもだけが孤立していくわけです。

映像もセリフも含め、かなり過激な描き方に賛否両論の声が上がっているようで、掲示板には打ち切り希望や子どもが真似をして悪影響を及ぼすのでもう見ないなどのコメントも多く寄せられているようです。

でも私はドラマとはいえこういう描き方(映像も含めて)をするドラマは好きだなぁと思います。「金八先生」や「スクールウォーズ」「GTO」などなど、先生がいかにも「善い人」で、自分の熱さでクラスを更正させる、という構図のドラマももちろん好きで見ますが、とはいえこれはドラマだから成立するわけで。この逆をいく「女王の教室」もドラマだからこそ成立するお話なだと思うんです。これを見て「悪影響がある」「子どもに見せたくない」というのは、ドラマの視点が違うのかもしれないですね。良いものだけが良いというわけではないと思うんですけどねぇ。

このドラマでは「悪いことは悪い、悪いことをした人は責任をとる」とか「自分がミスをしたらその組織に対して責任をとる」とか「組織の中では全員が平等ではなく、頑張った者が良い思いをし、頑張らなかった者にはそれなりのことがある」、「とはいえ頑張ったからといって必ずしも良い結果になるとは限らない」という学校だけにあてはまるわけではないことがたくさん詰まっているので、きっとそういうことを言いたいんだと思うのですが、まぁ確かに描き方が過激で学校を舞台にしているだけに、なかなか伝わりにくいとは思うんですけどね。

ドラマの見方は人それぞれだと思いますが、ドラマだと思ってハナからバカにしたり、真に受けすぎて影響されすぎたり、臭いものには蓋をしろ的な発想の人は、そもそもテレビ向きではないんでしょうね。

ちなみに、これだけ冷徹な役の天海祐希が、エンディングで役を終えてスタッフたちと軽やかに踊る映像が流れるんですが、これがまたイイ!(一般的にはかなり不自然なのですが)。このドラマのアンチ派にとっては『このドラマはフィクションです』と言いたいのが見え見え」という演出と思われているようですが、私は正直、第1回の放送のこのエンディングに打ち抜かれました・・・このエンディングと批判覚悟で放送(+公式サイトの掲示板を開設)している日テレ、結構やるもんだと、一人でうなっている今日この頃。


興味がある方は見ていただければ、と。
面白いと思える人には面白いと思いますよ。

(「女王の教室」毎週土曜日・21:00〜・日テレ)
| 七井 李紗(なない りさ) | ほっと!どらま | 23:59 | comments(3) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 23:59 | - | - |
うひひ。
私も飲んでいない週末は見てます。
今日は昼からぞんぶんに家飲みをひとりでくりひろげているのですが、ばっちり見る予定。今クール、日テレは意外とおもしろいです。
| napocon | 2005/07/30 6:17 PM |
馬場ちゃんの豹変ぶりにコンニャロー!
| なおきち | 2005/07/31 7:15 PM |
わたくしもこのドラマ好きです。
小学生のリアルな心情がうまく描かれてますよね。
子役がみんな上手いし、特にゆうすけ君、いいです!!
見終わってハラハラした気持ちで
エンディングのダンスシーンが流れるとほっとします(笑)
| みつ | 2005/08/01 11:12 AM |









http://hot771.jugem.jp/trackback/376
日本テレビ「女王の教室」、脚本家が語る真矢のセリフの真意
「読売新聞」7月27日夕刊で、「女王の教室」の脚本を担当した遊川和彦氏が、真矢のセリフについて、それに込めた自らの思いを語っています。
| 伊達でございます! | 2005/07/30 3:43 PM |
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ ARCHIVES
+ CATEGORIES
+ PROFILE
+ LINKS